So-net無料ブログ作成

ご本人いわく、ルームサービス vol.1 [つづる。]

osaka_2nd LINE
stay now
銀色の月
BITTER

ノイズとため息
未来
TOALE CLUB

風と鳥
レディオステレオ

明日の出来事


[ぴかぴか(新しい)][時計][ぴかぴか(新しい)]

en  When you go






829に敬吾LIVEに行って来ました。
今回から、ライブレポを復活させようか・・とも思いましたが、
それより、HPの内容を移行するのを先にやることにします。

敬吾的には何度も演っている福島2ndLINEでしょうが、私は初めて行きましたw
周りの子とかに上を走ってる電車の音や振動がするライブハウスってことは聞いてた
けど、ほんとに体感するとおもしろかった。
敬吾はMCのネタやタイミング合わせに電車の音を使うくらいの余裕ブリでした。

829なので、やっぱり自然に3年前の沖縄でのFCスペシャルライブの夜
(828の夜に始まり、ファンも一緒に829の0時にお祝いをする企画)
を思い出していました。
ルームの中の「レディオステレオ」を聴いた時です。
あ~、あの夜も「レディオステレオ」を敬吾がアコギで歌っていたなぁって。
”another days”を周りの子たちと一緒にコーラスしたこととか、
曲で時を繋げる思いを味あわせてもらいました。

アンコールで登場した敬吾にみんなでHappy birthday~♪を歌って、
健さんが持って来てくれたケーキのろうそくを敬吾があっけなく消しました。
そのケーキを健さんが敬吾の顔に「突っ込んだら?」風な仕草をしていると、
敬吾がケーキを持ってタケさんの顔に投げ・・・・ようとしたり、
会場に投げようとしたり(笑)

3人は渋谷に続いてのサラリーマンスタイルで(白シャツにネクタイ)
かっこよく決まってましたw 
渋谷のスタイルは聞いていたけど、もっと笑かしてくれるんかと思ったら
普通にかっこよかった。
うーん、健さんが一番似合ってたかな。

曲全体としては、バンドちっくな3ピースだけどアコギスタイルでおしゃれに
いい雰囲気のアレンジでした。
BITTERは乗ってしまいます。元からCDでも2アレンジあるのもあるかもだけど
アレンジによってどうにも生きる曲だと思いました。
この夜もかっこよく、クールな歌詞なのに、メロディが昭和っぽいのを
いいリズムアレンジでちょっとジャズ気味に感じました。

正直、1曲目にstay nowの時点でいい感じ~と、いいライブになるのは
間違いないと思いました。
これぞ3ピーススタイルがはまる、シンプルに刻むリズムの中にアコギの
カッティングがたたみかけるように鼓動に届きますw

未来は、敬吾の心を映している曲のような気がする。
同じシャウトでも、同じ力強く歌うんでも、ギターかき鳴らすんでも
その時の敬吾によって色が違うと思う。
829は、うーん、自信ありそうに、未来に立ち向かっていく感じがした。
私的にはこのシャウトが強がっているように聴こえた時も
エネルギーに満ち溢れてる姿に圧倒された時もあった・・

TOALE CLUBは好きな曲。
このくらいのテンポで迫ってくる感じはぞくぞくする。
この曲は一点を見つめるように、自分に言い聞かせるように歌っていた気がします。


風と鳥は「空」が好きで空を見上げる気持ちで歌った・・ような曲説明があって
こういうメロウな曲は敬吾の曲へ込めた想いを聞いたのと聞かないのとでは
気持ちの入り方が違ってくる。
去年のライブに行っていないので、この曲が聴けたのはうれしかった[かわいい]

when you go.
いつまでも歌って行ってほしいと感じた曲。
ちょっとせつないスレーズに絡むベース音。
”僕が・・”

「夢をかなえたい」

敬吾はルームサービスを大阪でやるのは初めてなので、「vol.1」だと言っていました。
毎回違うスタイルやactの方たちで楽しませてくれそうですが、3ピースよかった!!
元よりベース好きなので、ベース音が効果的になること、
敬吾のアコギのアルペジオなどが聴けて、敬吾氏がいかにギター好きか、知れる。
ひとりアコのアコギもいいけど、やっぱりリズム音が入るのはシック度、おしゃれ度が増すと思う。
特に曲のエンディングの時の敬吾のアコギとタケさんのベースの絡みフェイドアウトや
敬吾がいかに最後の一音を終わらせるか、遊び的にも楽しいw

とても満足な一夜でしたが、ライブハウスの構成上、座ってドラム叩いている
健さんがじぇんじぇん見られなかったのが残念・・。
バンドじゃなく、あくまで3ピースのアコスタイルだから、健さんのドラムもアコギを
引き立てるよう、控えめながらリズムの中心であることを感じました。

て、レポになってしまった。
皆さまおつかれさまでしたw
私は敬吾氏にプレゼントはお渡ししませんでしたが、友人をひとりライブにご招待しました。



共通テーマ:音楽